VLCのブラウザ用プラグイン(Web Plugin)

VLCというメディアプレーヤー、Windows版は使ったことがあったんだけど昔からMac版もあったとは。さらに、ブラウザ用のプラグイン(Web Plugin)まであって、オブジェクトとしてプレーヤーをウェブページに埋め込めるというのを知らなかった。JavaScript APIでオブジェクトにアクセスできる。JSで再生速度の変更ができたりするので便利そうだ。

Mac上の問題…プラグインは開発途上

ただMacでは最新のVer2系のプラグイン開発が遅れているみたいで、DLページの古いプラグインを入れてもブラウザにうまく認識されなかった。よくよく調べてみると、VLCのフォーラムで6月末にお試し版が出ている程度だった(このスレッドの最後のほうにリンクあり)。お試し版はまだFirefoxで不具合があるそうだ。

お試し版のプラグインを展開して、/Library/Internet Plug-ins に手動で置く。これでMacのブラウザでもプラグインが認識されるようになった。

Mac上の問題その2…倍速再生はイマイチ

これでめでたし…かと思いきや、倍速再生がWin版とちがって擬似的な残念な実装だった。Win版では映像も音声もなめらかに倍速再生してくれるけど、Mac版は再生位置がとびとびになって帳尻合わせをするような感じ。

うーむ。まだWin版しか使い道が見当たらないかな。

投稿者:

マイペースに仕事しているウェブ屋の端くれです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です