投稿フォーマットとページビルダー

WordPressの投稿フォーマットを使ってみた感想と疑問、ちょっと面白い活用法についてまとめてみました。

注:現在はページビルダー系プラグインを無効にしているため、記事の体裁は「ちゃんとしたレイアウトができてない状態」です。一応情報のみを下記に残しておきます。


WordPressの投稿フォーマットを使ってみた感想と疑問、ちょっと面白い活用法についてまとめてみました。

活用法についてかんたんにまとめると、TogetterやNaverまとめみたいな「まとめ系機能」をWPに付ける。そしてまとめ記事の素材パーツとして投稿フォーマットを活用する、ということです。
“投稿フォーマットとページビルダー” の続きを読む

ページビルダー系

そういえば他にページビルダー系というかレイアウト系のWordPressプラグイン無いの?と思って探してみたらいくつか出てきた。

でもって、そういうのに付いてるテキストモジュールは大抵ショートコードを解釈してくれるので、特定の記事を埋め込むショートコードを用意するだけでレイアウト+投稿フォーマットによる内容パーツの埋め込みとか普通にできそうだと気がついた。

なかなか良いんじゃないか。

Topcoatのあれこれ

Adobeが出したCSSフレームワークで速さを売りにしている「Topcoat」のサイトをつらつら見てたら、「BEMアーキテクチャ」なる見慣れない言葉を見つけた。

ロシアのネット企業Yandexで使われてるBEM Methodologyなるものらしいのだが、Topcoatではその一部を採用しているらしい。本家のBEMはHTML、CSS、JavaScript(=構造、スタイル、振る舞い)までをブロック単位でカプセル化して再利用可能にする方法論のようだ1

TopcoatのDLファイルにGruntfileがあったので「え、もしかして?」と思ったが、これはTopcoatのライブラリ管理用に使われるもので、JSカプセル化の仕組みまではないようだ。Topcoat自体は単に「CSSとアイコンとフォントが選べるから適当に選んで使ってね」という至極シンプルな使い方でいい。

しかしBEM様式のCSSクラスセレクタ(topcoat-button-bar__button–largeとか)と、それがHTMLにクラス属性として散りばめられるさまを見るとその冗長さに少しモヤモヤする。カスケーディングを減らすことは高速化にはつながるようだけど。


  1. カプセル化のために、Block, Element, Modifierの3つを管理する(BEMの名前の由来)。BEMの全てを真似しようとすると開発ツールの整備が必要で、まわりくどい。印象としては多くのプロジェクトを扱う大企業向け。 

もう少しモヤモヤしてみる

WPの投稿フォーマット使ってみてはいるが、アサイドばかり書き散らしてる。

リンクはリンクだけ、画像は画像だけ、引用は引用だけっていうのはほんとに「クリップ」目的、収集することが目的になる。そういうことは外のサービスのソーシャルブックマークとEvernote Clearlyで済ませてきたが、個人ブログでそれをやる意味というと…自分が自分のデータを持っているという感覚と、あとは表示を自由にカスタマイズできるところか。

自分のデータを自分で持つかどうかはあまり気にしてはいないけど、表示を好みにカスタマイズできるところは良さそうではある。これが投稿フォーマットを使い続ける動機になるかどうかはまだちょっとわからない。Microdataのような構造化マークアップを導入する機会になるかな?と思ったものの、軽く調べた限りではちょっとうまく合わない気がしている。

備忘録として使うあたりのモヤモヤ

このブログは完全に個人向けの備忘録として使うのはいいんだけど、使い勝手としてもっとサラサラと気軽に取れるノートのようなものであって欲しいというのがあって。
備忘録としてはEvernote使っとけ、というのもあるが(実際使ってるが)、なんだか内に篭っているというか、結局自分が学んだこと調べたことがオモテに出にくくなってしまった。

ローカルで書くノートをEvernoteからnvALT等のMarkdownエディタに変えて、Markdownで書いて「ローカルの資料」も「外出しの記事」もワンソース、外に出したかったらコピペするだけ。というのが理想。

考えてみたら、WPの投稿画面で直接書くのはあまりサクサク感がない。テキストエディタで書いたほうがよさそうだと気づいた。
あとMarkdownで書いておけば、「外へ出す」際のシステムを乗り換えるのもラクだったりしないかな、という淡い期待もある。

WPをMarkdown対応にするのは先人の作ったプラグインがいくつかあったので助かった。気に入ったのは GitHub Flavored Markdown for WordPress

まとめてみたら、EvernoteからnvALTへの移行がまだ進んでいないのがネックなのか。
過去のデータをどうしようかとか、なんだかんだで「ノートブック」を分けるのは使いやすいとか、なんでも入れられる便利さとか。
結局どこかで「えいやっ」ってやらなければならない。

何を使ってサイトを作るか

最初は全部WPで統一してしまおうかと思ってたんだけど、なんかもやもやしてきた。
WordPressはたしかに便利なんだけど、なんだかんだで設定に時間をかけたりするし、あれこれしたい時に素のHTMLを扱うよりも面倒なこともある(複雑なシステムを間に入れるからそれは当然なことではあるけど)。

なんかさくっと感が欲しいなあ。
jekyllのようなテンプレートエンジン+αみたいのが流行るのはそういうところから来るものもあるんだろうか。

VLCのブラウザ用プラグイン(Web Plugin)

VLCというメディアプレーヤー、Windows版は使ったことがあったんだけど昔からMac版もあったとは。さらに、ブラウザ用のプラグイン(Web Plugin)まであって、オブジェクトとしてプレーヤーをウェブページに埋め込めるというのを知らなかった。JavaScript APIでオブジェクトにアクセスできる。JSで再生速度の変更ができたりするので便利そうだ。

Mac上の問題…プラグインは開発途上

ただMacでは最新のVer2系のプラグイン開発が遅れているみたいで、DLページの古いプラグインを入れてもブラウザにうまく認識されなかった。よくよく調べてみると、VLCのフォーラムで6月末にお試し版が出ている程度だった(このスレッドの最後のほうにリンクあり)。お試し版はまだFirefoxで不具合があるそうだ。

お試し版のプラグインを展開して、/Library/Internet Plug-ins に手動で置く。これでMacのブラウザでもプラグインが認識されるようになった。

Mac上の問題その2…倍速再生はイマイチ

これでめでたし…かと思いきや、倍速再生がWin版とちがって擬似的な残念な実装だった。Win版では映像も音声もなめらかに倍速再生してくれるけど、Mac版は再生位置がとびとびになって帳尻合わせをするような感じ。

うーむ。まだWin版しか使い道が見当たらないかな。

本気でレビューとかは難しい

ああ、文章が下手だ。

某サイトはもっとワクワクするような書き方じゃないとダメだろうし、フォーマットも文体も決めきれていない。
ある程度の文章はどんどん書いて学びながら修正していくしかないが、そもそもの狙いを考えたら、文体うんぬんより客観的なデータを集めていくほうが良いのかもと思い始めている。思い始めているというか、確信に近いんだけど、データだけなのも味気ない。

赤ん坊の顔つき

子供が生まれてから毎日顔を見ていると気づきにくいけど、少し前の写真を見比べると驚くほど顔つきが違う。

生まれたてから1ヶ月は、地球に降りたばかりの宇宙人。
さらに1ヶ月経つと、物思いに耽る外国人。
もう1ヶ月経つと、日本人っぽい平凡な顔つきに。

平凡とは言いつつも親バカを発揮して、いい顔だわー、いったいどっちに似たんだ?などと嫁と話している。
これからまたどのように顔つきが変わっていくのか、楽しみではある。

日々の焦り

やらなきゃならないことが頭のなかで渦巻いてあわあわしている。今までの段取りが色々と不味いのでなんとかしないとと思っている。

仕事とは別に、今年産まれた子供の成長記録をまとめたいなあ、というのも手つかず。写真はわりとたくさん撮れてるから、それはそれでいいんだけど。

乳児の成長は速い。もうあんなことができた、という連続でびっくりする。翻って自分の成長の遅さにもびっくりする。