WordPress 投稿フォーマット用にプラグイン作る

年明けにまた投稿フォーマットの活用を考えて(蒸し返して)みて、いくつか機能を拡張してみた。
おもて側の一覧表示とナビゲーション(前後リンク)は前回の処置で落ち着いたので、こんどは管理側。

  • 投稿一覧画面で投稿フォーマットを指定した絞り込み機能を追加
  • 投稿一覧画面でID、スラッグの列を追加。※記事に他の記事(投稿フォーマット)を埋め込むときにあると便利なので。
  • 投稿編集画面で投稿フォーマット指定をセレクト化。※ふつうに投稿フォーマットの表示をさせると縦に長いラジオボタンの羅列になるのが邪魔くさかったので、コンパクトにした。

上記のコードを1つのプラグインにまとめておいた。これで管理側もちょっといい感じになった。

“WordPress 投稿フォーマット用にプラグイン作る”の続きを読む

WordPressで投稿フォーマット用カスタマイズ

しばらくこのサイトのWordPressをいじっていた。
というか、またまた投稿フォーマット関連を。
これをうまく使って、細切れの調査ノートと、普通の記事を両方扱うシステムにしたかったので。

具体的には次の部分を調整した。

  • 通常の一覧ページには投稿フォーマットの記事は表示しない。
  • 記事の前後リンクを調整する(通常記事は投稿フォーマットを除外。投稿フォーマットは投稿フォーマットのタームで絞り込み)。
  • アーカイブページの2ページ目以降はメタタグでrobots noindexを挿入する(これは最終的に投稿フォーマット、通常投稿を問わず指定することにした)。

こうすることで「通常の記事」と「投稿フォーマットでの細々したノート」を切り離すことにした。

“WordPressで投稿フォーマット用カスタマイズ”の続きを読む

WordPressでカテゴリーベースを消す

WPでカテゴリーのURLが「ドメイン名/category/カテゴリー名」になるのを、「ドメイン名/カテゴリー名」にする件。

No Category Baseプラグインで消せることは知っていたが、管理画面の「パーマリンク設定」でカテゴリーの欄にドット「.」を入れる(+パーマリンクURLに.htmlを入れてバグ回避)という手法を知って試してみた。が、うまくいかず。飛んだ先で404になってしまう。
最新のWPでは使えない技なのか、こちらの環境依存の問題かは調べてない。

結局、プラグイン入れた。最近メンテされてる Remove Category URLプラグインにしてみた。

投稿フォーマットとページビルダー

WordPressの投稿フォーマットを使ってみた感想と疑問、ちょっと面白い活用法についてまとめてみました。

注:現在はページビルダー系プラグインを無効にしているため、記事の体裁は「ちゃんとしたレイアウトができてない状態」です。一応情報のみを下記に残しておきます。


WordPressの投稿フォーマットを使ってみた感想と疑問、ちょっと面白い活用法についてまとめてみました。

活用法についてかんたんにまとめると、TogetterやNaverまとめみたいな「まとめ系機能」をWPに付ける。そしてまとめ記事の素材パーツとして投稿フォーマットを活用する、ということです。
“投稿フォーマットとページビルダー”の続きを読む

ページビルダー系

そういえば他にページビルダー系というかレイアウト系のWordPressプラグイン無いの?と思って探してみたらいくつか出てきた。

でもって、そういうのに付いてるテキストモジュールは大抵ショートコードを解釈してくれるので、特定の記事を埋め込むショートコードを用意するだけでレイアウト+投稿フォーマットによる内容パーツの埋め込みとか普通にできそうだと気がついた。

なかなか良いんじゃないか。

投稿フォーマットとコンテンツ管理の妄想

WPの投稿フォーマットがなんだか惜しい件を以前書いた。

投稿フォーマットの使い道としては、せっかくコンテンツを細分化できるのだから、その細分化されたものを「部品」として、ページの組み立てに使えればいいのではと考えた。

“投稿フォーマットとコンテンツ管理の妄想”の続きを読む

カスタムヘッダー画像の罠

カスタムヘッダー画像の罠、というか、ただの錆びついたおっちゃんのヘマの記録。

今このブログには、WordPress 3.6 のデフォルトテーマ “Twenty Thirteen” を適用している。
サイト名を表示するところの背景画像を変えようとして、「外観>ヘッダー」の画面で新しい画像をアップロードしたら、適用されていない。背景がカラのまま。

なんで…?

状況。

  • 用意した新しい画像は背景を透過にしたもので、左端にワンポイントでちょこっと図案があるというもの。
  • ヘッダー画像のサイズは「1600 x 230」と書いてあったのでそのとおりに横に長い画像を作った。

Twenty Thirteenが書き出すCSSを確認。

.site-header {
background: url(...画像パス...) no-repeat scroll top;
background-size: 1600px auto;
}

backgroundの指定にleftは無し。なるほどね…
これを適用すると、実際のブラウザ画面の横幅がそれほど無い時には、画像がセンタリングされつつ収まりきらない画像端が表示外の領域にはみ出すと。

投稿フォーマットを試す

WordPressの投稿フォーマット。
「標準」フォーマット以外ほとんど使わないなあと思っていたが、WordPressを使っている他のブログでもあまり(というか、ほとんど)投稿フォーマットを活用している例を見たことがない。

投稿フォーマットという機能自体は、どうもTumblrを意識して作られた経緯があるようだ。ただ、それならTumblrのほうが色々と便利だよね…と思ってたら同じこと書いてる方がいた。

投稿フォーマットは、Tumblrみたいな使い方しないのなら要らない気がして仕方がない。しかもTumblrみたいな使い方をするのなら、Tumblr使った方が明らかに使いやすい(以下略)
WordPressのタグとカテゴリと投稿フォーマットを考えてみる

あと、昨今、twitterやfacebookのようなSNSではなく敢えてブログに何か書いている人というのは、がっつり文章書く人が多いとおもうから、結局「標準」で使う人がほとんどなんだろうなあ。

…というありきたりの結論に行き着くものの、なんだかそれでは面白くないのでしばし積極的に投稿フォーマットを使ってみることにする。
意外と「アサイド」だらけになってしまうんじゃないかという不安もある。

しかし投稿フォーマットの種類の「アサイド」と「ステータス」、使い方が名前から伝わりにくい。わかりやすい言葉に直せば「ちょっとした文章」、「つぶやき」なんだろうけど、そもそも言葉を直したところで役割が近すぎて微妙。